高校を変えるためには?転入の手順はどうしたらいいのか

転入学とは何を指すのか

転入学は編入とは違い、現在高校に通っている学生がほかの高校に転校することを指します。2年次や3年次といった途中の学年からでも転入は可能です。前に通っていた学校の出席日数や取得単位数に応じてスタートする学年が決定され、学期末の定員の増員募集にあわせて転入をすることができます。全日制の高校から全日制の高校へ転校することはまれで、全日制から通信制へ切り替えるという方法で利用されています。親の転勤などにあわせて転校する場合も転入学に含まれます。

転入学の手続きはどうすればいいのか

転入学をする場合、在籍証明書、成績証明書が必要になります。ほかに申請書類として転学照会書などを現在通っている学校から受け取ります。入学したい高校には電話などで問い合わせをすることが可能で、受け入れができる状態であれば在学証明書や成績証明書を提出することになります。現在在籍している学校とは関係なく、個人と相手先の学校とで交渉が可能になりますので、転入学をしたい理由については深く問われることはなく、受け入れ先の学校の基準を満たしていれば入学できることになります。

公立高校に転入学できるの?

入学したけれど校風が合わない、授業料の安い公立高校に行きたいという時に公立高校が受け入れてくれるのでしょうか。各学校では定員割れの時のみ欠員募集をする場合があります。この場合には私立に通っていた方でも公立に転校することが可能です。もちろん公立から公立へ、定時制から、違う学科から転入学することも可能です。物理的には可能ですが、受け入れ先の基準に満たない場合が多く考えられることから、現実的にはかなり厳しい条件になります。

高校在学中に他校の勉学を学びたいと思ったり、他の高校に興味が出る方は少なくはありません。高校転入は高校を転校できるシステムで、一からやりがい溢れる学生生活を送ることが可能と言えます。