知れば合格が近づく?司法書士試験のポイント詳細

択一式でのポイントはズバリ民法

司法書士試験の択一式は、民法に力を入れて勉強することで突破しやすくなると言われています。なぜなら、択一式試験においては民法が最も大きなウエイトを占めるからです。司法書士法からは一問しか出題されませんが、民法からは二十問も出題されます。民法は非常に膨大な条文を抱えているので勉強は大変ですが、司法試験と範囲がかぶっているので、参考書や問題集等に困ることはないでしょう。民法がある程度できるようになれば、次に出題数の多い不動産登記法を勉強していくといいですね。

記述式試験は時間配分に注意が必要

記述式試験では、大量に文字を書かなくてはいけません。時間配分をきちんと計画的に行わなければ、中途半端なところで時間切れになってしまうことがあります。記述式の試験では、最終確認をどれだけできるかがポイントになることがあります。ちょっとしたミスをそこで見つけられるかどうかで合否が変わることもあるので、必ず最終確認の時間は残せるように問題を解いていく必要があるわけですね。この時間配分については、毎日の練習の中で養っていく他ないでしょう。

口述試験対策は軽くで十分

司法書士試験の口述試験は、比較的簡単だと評判です。難しいことはそれほど聞かれませんし、もしも分からないことがあれば、その場でヒントを出してもらえるケースもあります。本人確認のために行うという側面が強いセクションなので、不安視する必要はないでしょう。気楽に望んでも大丈夫です。前もって対策をしておかなければいけないという種類のものでもないでしょう。口述試験の対策をしている時間があれば、記述式試験対策を進めるのが得策ですね。

司法書士の試験の対策を立てるために、多くの受講生から支持を得ている予備校のカリキュラムに目を通すことが良いといえます。