声優になるためにこんなこと学べる!声優の専門学校

滑舌を良くするための練習

声優になるための授業でまず行われるのが、滑舌を良くするための練習です。滑舌は「アーティキュレーション」や「歯切れ」とも言い、声優になるためには必須の練習となります。滑舌が良くないと、単語などの一言一句が明確に聞き取りづらくなり、結果として何を言っているのかわからなくなってしまいます。具体的に行うことは何かというと、早口言葉を3回ずつ繰り返したり、「外郎売りの台詞」と言われるものを早口で唱えたりします。

声優として必要な身体づくり

いずれの仕事でも、大切なのは基礎体力です。声優でも基礎体力は重要であり、専門学校ではそれを鍛えるための授業もあります。具体的な内容としては、ダンスや腹式呼吸法をマスターすることが挙げられます。顔を出すわけでもないのでダンスは必要ない、と思われがちですが、音の感覚や演技力を得るためには必要な練習です。腹式呼吸は発声の基本となる呼吸法で、声優や役者だけでなく歌手やスポーツをするときにも必要とされています。

アニメアフレコ実習授業

声優の仕事として誰もが思い浮かぶのがアニメのアフレコですが、実習授業としてアニメアフレコを行うことができる専門学校もあります。こうした専門学校では、日本の誰もが知っているようなアニメでアフレコ実習を行います。この授業で重要なのはマイクの前でも緊張しないために慣れることであったり、アニメの映像を見ながら演技をすることで表現力の向上を目指すことです。専門学校によっては人気アニメ声優とアフレコで共演できる授業を行っているところもあります。

声優の専門学校は、日々のボイストレーニングやオーディションの受験対策などのサポートが行き届いており、プロを目指す人に取って多くのメリットがあります。