デビットカードでできる使い過ぎない安心クレジット決済

クレジットカードも盗難には強いのですが

利便性ばかりを見ていると痛い目にあうのではないかとクレジットカードを持つのを躊躇っていませんでしょうか。例えば心配事の一つにカードが盗難された場合やカード番号を他人に利用されてしまうのではないかといったものがあります。ですが、クレジットカードは使用履歴がはっきりと残るため、警察が犯人を特定するのがたやすいですし被害金額もカード会社が自身の保険から補填するため、現金よりも安全だったりします。ですが、もうひとつ、自分の買い物の責任は自分でとらなければいけないというのは何かと物のあふれている現代社会では難しかったりします。でも、だからといって安全や利便性を諦める必要はありません。デビットカードという手段があります。

デビットカードは決済時のお金の流れが違う

クレジットカードでの決済は、買い物をした際の代金はクレジットカード会社からいったん支払われます。そして後で利用者の口座から一ヶ月分の利用額が引き落とされます。そうすると買い物をした時点では自分の口座からはまったく現金が移動しないため、現在利用できる金額を錯覚することがある。というのがクレジットカードでよくある失敗です。反面、デビットカードは買い物時の手続きはクレジットカードと全く同じですが、その時点で口座から現金が引き落とされます。ですから無理な買い物を安易にしてしまう心配もいりませんね。

基本的な決済に制限がない

同じようなものではありますが、デビットカードとクレジットカードは別物です。であれば何かデビットカードの方ではできないことがあるのではないかと思うかもしれません。ですが、現金決済のため分割決済はできませんが、クレジットカード加盟店で支払いができないことはありません。ただ口座から現金が引き落とされるタイミングが違うだけなのです。ですから、ネットショッピングも可能ですし、何かと問題になりがちなネットゲームでの使い過ぎには逆に専用の口座を用意して利用額を制限するなどの使い方ができます。

決済代行とは、銀行振り込みやクレジットカード決済など、複数の決済方法の入金確認や管理を代行するサービスです。