メリットとデメリットを知って、通信制高校を選んで!

通信制高校のメリット

自宅学習を基本とする通信制高校は、自分のペースで学習できるので自分の時間をつくりやすいです。高校の授業以外のこと、例えば芸能活動や卓球・サッカーなどのスポーツ活動に専念したい人にとって、高校卒業資格を取得する絶好のタイプの学校といえるでしょう。また、いじめなどの人間関係に悩んでいる人にとっても選択肢として考えられるでしょう。公立の場合は授業料も安いですし、授業料がかなりかかる私立の場合でも、国からの就学支援金に加えて自由となった時間にアルバイトをして補うこともできます。

通信制高校のデメリット

通信制高校はいいところばかりではなく、デメリットもあります。全日制の高校では決められたカリキュラム通りに勉強していればよいのですが、通信制では自学自習ですので、強い意志をもって自分で勉強時間をつくって自ら取り組んでいかなければなりません。全日制であれば、学校を休むと担任の先生や級友から連絡があるでしょうが、通信制では多くの場合はそのようなことはありません。また、月に数回登校すればよいので、学校で先生や友人との人間関係をつくりにくいところがあります。

それでも通信制は選択肢の一つです

メリットとデメリットを十分理解した上で、通信制高校も選択肢の一つと考えてください。自分だけでは学習のペースがつくれない人は、学校の自習室で勉強したり、お金はかかりますがサポート校や塾を利用するのもよいでしょう。アルバイトなどで学校以外の友人や人間関係をつくることもできるでしょう。特に全日制で人間関係に悩んでいる人は、高校資格を取得する1つの方法として選択肢に入れたらどうでしょうか?どこの通信制高校にするかは、必ず学校を実際に見学して決めてください。少なくても2つ以上の学校から選んだ方が、自分により適した学校を選べるでしょう。

通信制高校を探しているなら、カリキュラムを見比べることが大事です。資料を取り寄せたり、オープンスクールに参加する方法はおすすめです。